永久性ならニードルが一番?

お金を払って脱毛を受けるのですから、それなりの結果は欲しいですよね。
脱毛法について調べてみると、美容皮膚科や美容クリニックでは医療用のレーザーが主流、
そして脱毛ラボなどのサロンでは、光を使った脱毛方法が主流でした。

 

【ニードル脱毛とは】

 

ところが、調べてみて分かったのですが主流の医療用レーザー脱毛と光脱毛には、永久性が認められていないのです。
施術を受けてそれなりの効果が見られるのですが、まだ永久性を認める確証となるデータがないのが現状らしいのです。

 

そして永久性のある脱毛法として認められているのがニードル脱毛という方法であることがわかりました。
ニードルとは英語で針のことですよね。
脱毛方法としては毛穴の一本一本に針を刺して電流を流して毛根を死滅させるのだそうです。
確かにこの方法なら確実に毛穴一本一本のムダ毛を処理できますよね。

 

そしてこのニードル脱毛が脱毛法の中でも最も古い脱毛法なのだそうです。
今から数十年前、エステや医療皮膚科にて脱毛コースが提供されていたのですが、
そのほとんどがこのニードル脱毛によるケアだったのだそうです。

 

【ニードル脱毛を体験】

 

人と比べても毛深いなと感じるほど濃い自分のムダ毛。
確実になくすためには、脱毛サロンもいいけれど、ニードルのほうが合っているのかもと体験脱毛を受けてみることにしました。

 

体験は時間制限で20分間の脱毛を受けるコースだったのですが、ニードル脱毛を受けている最中は苦痛以外の何物でもありませんでした。

 

針を刺すということである程度の痛みは覚悟していましたが、驚くほどに痛いのです。
おまけに電流を流しているときもやっぱり痛いのです。
そして20分たった自分のお肌を見て、正直たったのこれだけしか処理できていないの?と思ったのです。

 

ニードル脱毛はムダ毛を一本一本処理していきますから、当然時間もかかります。
たったの20分程度ではたいした量は処理できないのだそうです。

 

体験脱毛を受けてつるつるワキの下になれることを想像していた私は、正直ショックでした。
恐らくワキの下を完全にきれいにするのには、数時間かかると言われたのです。

 

【費用も高すぎた】

 

激痛に長時間耐えなくてはいけないのにもかかわらず、脱毛費用も高かったです。
以前脱毛ラボの価格を見て、これなら私でも脱毛が受けられると思っていた私ですが、ニードルは高すぎました。

 

これで永久効果はえられるかもしれませんが、かける時間とお金を考えるとやはりレーザーか光脱毛の方が合っているのかなと思いました。